産後クライシス とは?原因と対策を考える

子供

産後クライシス とは?原因と対策を考える

産後クライシスとは?

産後クライシスって言葉を聞いたことがありますか?

産後クライシスとは、子供が生まれた後、つまり産後2年以内に夫婦の愛情が急激に覚めてしまうことをいいます。

つまり、産後クライシスによって離婚の危機が高まってしまう、ということなんですね。

でも、産後になんで夫婦関係が覚めてしまうのでしょうか?
その原因と対策を考えてみましょう。

産後クライシスの原因

夫に父親の自覚が全くない

今や核家族化が進み、産前産後を自宅で過ごす方が少ないことにも理由があるようです。

妻が夫と離れて故郷に帰って出産するケースの場合、夫に父親としての自覚ができない場合があるようです。

出産後に妻と赤ちゃんが帰宅してから、本当の子育てが始まるのですが、父親の自覚がないため、子育ても手伝うといった感覚しかなく、ウンチなどは汚いからできない!といった言葉まで出る始末になるときもあるようです。

2人の子供なのに、妻1人が子育てではうまくいかないですよね。

夫は育児は二の次で興味もないようだ

ikuji

夫の子育て感覚が、自分のことが主で育児が二の次といったときに産後クライシスに陥りやすいようです。

子供のことは妻にまかせっきりで、ほとんど育児にかかわらない。

妻から、「少しは子育てして」と言われたら、
自分は仕事で忙しい、疲れているんだ。稼いでいるのはオレ。

なんて言われたら、妻は完全にキレてしまいます。

昔風の考えを持った夫では、育児もうまくいくわけはなく
妻のストレスは大きくなるばかりです。

妻のホルモンバランスの変化

出産後はホルモンバランスが大きく変化するといわれています。

この変化によって、涙もろくなったり、イライラしやすくなったりして、
産前には何も気にはなかったことでも、すぐに夫とケンカになったりすることがあります。

夫の理解がないと、大きな夫婦ケンカになる場合もあるので注意が必要ですね。

産後クライシスの原因と12の乗り越え方

産後クライシスの原因と12の乗り越え方を動画にしたものがありますから、気になる方は一度みて、考えてみてくださいね。


1

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ