肺がん ステージ4からの生還!免疫療法しか残っていなかった

ガン治療

肺がん ステージ4からの生還!免疫療法しか残っていなかった

肺がんステージ4で「打つ手なし」と言われても

がんの診断で「ステージ」という言葉を聞きますが、これは、ガンの進行度合いによりランク分けされた段階なんです。

ステージは1から4まで。
ステージ1と2はそのがんが持つ特有の症状が現れ、3~4になると全身にがんが広がっていきます。

肺がんは男性の死亡原因における1位のがんです。初期のころには症状が現れにくいため、見つかりにくいがんであるといわれています。

肺がんの原因と症状

肺がんの原因

肺がんの原因として一番は喫煙が大きく影響しているといわれています。

日本人を対象として2008年におこなわれた研究では、男性で4.8倍、女性で3.9倍喫煙者の肺がんリスクが高いという結果となっています。

肺がんの症状

肺がんの主な症状は、いつまでも続く咳、血痰、胸の痛み、呼吸時にぜーぜーと音がする(喘鳴/ぜいめい)、息切れなどです。

しかし、これら全ての症状が必ず出るわけではなく、無症状のままがんが進行するケースも多く見られます。

症状があった場合でも、風邪や喘息だと軽く考えていて、職場の健康診断などでがんが見つかることが多いようです。

肺がんのステージ4とは

肺がんステージ4になったら肺の別の場所や、悪性胸水、脳、肝臓、副腎、骨などに転移している状態です。

全身にがん細胞が転移してしまっているので、手術も、放射線治療もできない状態です。

残された治療法は、抗がん剤を使った治療になりますが、2割程度しか効かないということです。

免疫療法医は非常に高い治療効果 有効率76%以上

患者さんは、副作用もなく、通常の生活を楽しみながら、日常生活を送れます。たとえ患者さんが末期がんでも、また、進行がんが進んでしまい、転移が起きてしまっていても、このBAK療法での治療により、 自己免疫能力が保たれているうちに受診することで、高い延命効果が期待できます。

出典 http://symbic.jp

免疫療法の治療の進め方とは

食事療法の決定版 メディカル・イーテイングとは

肺癌に勝つよ!

1

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ